ヴィトックスα extra edition

より良くなった・・・のか?

ヴィトックスαは今
「ヴィトックスα EXTRA edition」
とリニューアルされて発売されていますが、
何がどう変わったのでしょうか?

 

変更点は3つあります

 

 

@シトルリンの配合量が2倍
元々含有成分の中で一番の量を誇っていたシトルリンですが
この改良でなんとさらに2倍にまで増えています。

 

シトルリンは体内でアルギニンへと変わりますから
より血液が流れ込み、男性ホルモンもどんどん作られる
といった具合になるのでしょう。

 

 

A100種類の成分を追加
従来の成分に加えてさらに豊富な種類を配合したということ。
総合的に増大のサポートをするのが狙いのようです。

 

しかし、疑問点としては
カプセルの大きさ自体は変わっていないのに
成分の種類が増えているということは、
一つ一つがごく微量なのでは?
ということです。

 

ただこの辺りは成分量を明記していないので
真偽はハッキリしません。

 

 

Bレスベラトロールを配合
近年DNAに若返り遺伝子なるものが存在していて
それを活性化させることができるとして取り上げられたのがレスベラトロールです。

 

魔法のようなこの成分を配合することで、
体の若々しさをキープしてベストコンディションにする狙いがあります。

 

ですが、最近になってレスベラトロールの活性化機能に
疑問符が突き付けられるようになっていて、
この成分が本当に効果があるのか謎な状態です。

 

 

シトルリン量が2倍になったというのはかなり魅力的ですが
その他の2つの変更点がどうも腑に落ちない形になってしまったEXTRA edition

 

シトルリン量で勝負をするなら
最近人気のあるペニトリンの方が
成分量が明記してあって信用できそうな感じがします。

 

とはいえヴィトックスαは歴史がありますから、
これからの動きにまだまだ目が離せません。