ヴィトックスα 効果

違いは吸収効率?

ヴィトックスの広告を見てみると、
「欧米人並みのビッグサイズ」
になるのを目的としていますよね。

 

でも、ヴィトックスαはヴィトックスを
日本人向けにカスタマイズしたとあります。
なのにそのような効果が見込めるのは何故でしょう?

 

ヴィトックスとヴィトックスαで
成分配合料がどれだけ違うか
具体的に書かれていないので、
本当のところはわからないので以下推測です。

 

 

 

日本人と欧米人では食生活からして
全く異なるのですが、最近日本人も
欧米化してきて厄介なことになっていますね。

 

具体的には日本人の体質は
量を多く食べなくても生きていけるように出来ています。
貧しくても生きられるように対応したのです。

 

だからヘルシーな食事でも暮らせますし
栄養素の吸収率もかなり高いと言われます。
反面、欧米化した食事だと栄養過多になり、
様々な生活習慣病を引き起こす元になります。

 

 

その点外国人は肉食メインですし、
体に負担を与えるものでもバンバン食べます。

 

栄養が偏りがちな反面、食べる量も多いので
身長も体重もアソコもビッグサイズです。

 

つまり日本人の体質に合わせたというのは
実は各成分の量を控えたということではないかと。
吸収できずに排出されたら意味無いですからね。

 

ならその分値下げしろよって思いますけど
個人輸入の手間と費用を考えると
現時点でも十分リーズナブルだと思います。
それに大事なのは効くかどうか、ですしね。