ヴィトックスα ゼファルリン

大筋は一緒

ゼファルリンのメイン成分はL-シトルリンとトリプトファン
シトルリンはせいりょくざい系では定番ですが
血管を広げて血流量を増やすことで有名な成分です。

 

(精力剤的にはシトルリンそのものというよりは
シトルリンがアルギニンという成分に変化して
精力増強効果や精子増強に結びつくようですね。)

 

 

シトルリンだけなら正直珍しくもないのですが、
一方のトリプトファンっていう成分はかなり意外
というのもうつ病や不眠症対策に使われる成分なんです。
その手のジャンルでは定番なんですけど、
これを増大系サプリで使うのはゼファルリンだけ。

 

簡潔にまとめるとこうです。

 

単に精力増強しても身体の別の部分で
ことごとく消費されてしまい、Pには回ってこない

でもトリプトファンの効果で「Pをいじると快感である」
事を身体に認識(錯覚?)させれば、身体はより快感を求め
Pに割く男性ホルモンの割合を増加させる。

結果、Pが徐々に大きくなってくる。

 

 

つまり構成しているメインの成分のL-シトルリンは一緒なんです。
ですからどちらを選んでも大差はないように思います。
あとはそれ以外の微妙な成分が違うんです。

 

ですがその違いが人によって大きな効果の差になることも。
ですからゼファルリンで効かなかったらヴィトックスαを、
ヴィトックスαで効かなかったらゼファルリンをってように
うまく乗り換えてみるのも良いかもしれませんね。